年5日の年次有給休暇取得の義務化に向けて

ebook-labornews022_smnl.jpg

皆さまの企業では、年次有給休暇の取得状況はいかがでしょうか?毎年、どれくらい消化されているか把握していますか?

政府が "2020年・年次有給休暇取得率70%" という目標を掲げていますが、残念ながら現状の取得率は50%にも達していない状況です。

2019年4月1日から、"年5日の年次有給休暇取得の義務化"が始まります。

実務に沿って運用しようとすると、「5日ってどこからカウントするの?」「そもそも有給休暇を5日取得を実現できるの?」という疑問があるのではないでしょうか。

今回は、5日の休暇取得の起算日の考え方や休暇取得を促進するために、企業としてどのような対応をすれば良いのかをebookにまとめました。

ご興味がありましたら、フォームにご記入のうえ資料をダウンロードしてください。

年5日の年次有給休暇取得の義務化に向けて

1. 年5日の年次有給休暇取得の義務化とは

2. 「5日取得」の起算日とその考え方について

3. 年休の取得を進めるために①

4. 年休の取得を進めるために②

資料のダウンロードはフォームからどうぞ!