今、注目が集まっている『副業・兼業』という新たな働き方について

ebook-labornews016_smnl.jpg

最近、「副業を解禁しました」という話をよく耳にします。

これまでは、ほとんどの企業は就業規則で副業等を禁止し、違反した場合には、懲戒事由とされてきました。

しかし、働き方改革実行計画のテーマのひとつとして、副業等の推進が掲げられてることから、注目度が高まり、副業等を解禁する動きが加速しているようです。

現段階では、副業等をしている人でも、その時間数が少ない場合が多いため、過重労働が問題になることはほとんどありません。

しかし、副業等をする人が増えれば増えるほどd、過重労働が問題になります。

今回のebookは、皆様の企業がいつか導入するかもしれない『副業・兼業』について取り上げます。

副業・兼業についてご興味がありましたら、フォームにご記入のうえ資料をダウンロードしてください。

今、注目が集まっている『副業・兼業』という新たな働き方について

1. 副業・兼業の実態

2. 副業・兼業のメリット

3. 改訂されたモデル就業規則の内容

4. 企業が対応するべきこと

5. 労働状況を素早く可視化する勤怠クラウド「CC-BizMate」

資料のダウンロードはフォームからどうぞ!