【生産性向上・多様な人材活用に向けて】テレワークの導入

E-Book_20180116_2.jpg

現在多くの企業が人材不足に悩み、その人材不足が企業経営に影響を及ぼすほどに深刻な状況にある業界・企業が多数あります。

今後、さらに労働力人口が減少していく中で、企業が存続・発展していくためには 育児・介護中の従業員や高齢者など多様な人材を確保し、生産性を向上させていくことが欠かせません。

そして、これらの多様な人材を確保するためには、柔軟な働き方を認めていくことが必要です。
柔軟な働き方を認めることで、これまで働くことが難しかった人たちを戦力として取り込むこと、そして既存の従業員の生産性を上げていくことが可能になります。

働き方改革実行計画では『柔軟な働き方がしやすい環境整備』という項目の中でテレワークについて明記されています。

テレワークはこのように働き方改革の重要施策としても注目されているのです。

こちらのebookでは、このテレワークについてその効果や課題、進める上での注意点など ご紹介します。

フォームにご記入のうえ資料をダウンロードしてください。

【生産性向上・多様な人材活用に向けて】テレワークの導入

1. テレワークとは

2. テレワークの効果

3. テレワークの進め方

4. テレワーク実施の課題

5. テレワークの運用上の注意点

6. リモート接続+Web会議でテレワークを実現「ISL Online」

7. 労働状況を素早く可視化する勤怠クラウド「CC-BizMate」

 

資料のダウンロードはフォームからどうぞ!