【ワーク・ライフ・バランスの向上に向けて】
勤務間インターバル制度導入・運用上のポイント

library_ebook_004.png

 長時間労働の是正のための施策として、「働き方改革実行計画(案)」にも 明記された「勤務間インターバル制度」。「勤務間インターバル」とは勤務終了後に一定時間以上の「休息時間」を 設けるというものです。

日本ではIT企業を中心に最近制度導入に向けた取組みが進んでいますが、実はEUでは20年以上前の1993年に既に勤務間インターバル規制が導入されています。

このeBookでは、勤務間インターバル制度の導入・運用上のポイントについて詳細をご紹介します。

フォームにご記入のうえ資料をダウンロードしてください。

【ワーク・ライフ・バランスの向上に向けて】
勤務間インターバル制度導入・運用上のポイント

1. 「勤務間インターバル」とは

2. 睡眠・休息時間確保の重要性

3. 勤務間インターバル制度導入のポイント

4. 運用上のポイント

5. 企業の導入事例

6. 労働状況を素早く可視化する勤怠クラウド「CC-BizMate」

 

資料のダウンロードはフォームからどうぞ!