勤怠管理のお悩みありませんか?

  • 早く帰れと声がけした!...その結果、時短ハラスメントと言われた...

  • 勤務表がようやく集まった!...チェックしてみると36協定違反者が続出...

  • 在宅勤務とサテライトオフィスを導入!...社員の勤務状況が分からない...

勤怠管理に関するお悩みは様々です。
しかしながら「生産性を下げずに残業をどう減らすか?」
については共通のテーマですよね。
problem
そのためには...

勤怠管理の正しい知識仕組みづくりが重要です!

そこで正しい知識仕組みを手に入れる2つのツールをご紹介

ebook

無料ebook
【労務管理を基礎から学ぶ】
残業削減のベストプラクティス

残業削減のベストプラクティスをebookにまとめました。
前半では勤怠管理に関する基礎知識をおさらいします。
後半では生産性を損なわずに働く方法や陥りやすいポイント、 勤怠管理システムの選び方について、わかりやすく解説します。

ebook
ダウンロード

system

勤怠管理クラウドサービス
CC-BizMate
(シー・シー・ビズメイト)

「月中に残業予測ができて、長時間労働を未然に防げる。」
そんな勤怠管理システムがあったら良いと思いませんか。
先進のインテリジェンスを搭載した勤怠管理システムを今すぐ体験してみましょう。

cc-bizmate
資料請求はこちら

勤怠管理を行うことは、使用者に与えられた責任であり、義務です。

労働基準法第108条には勤怠管理について「使用者は、事業場ごとに賃金台帳を調製し、賃金計算の基礎となる事項及び賃金の額その他厚生労働省命令で定める事項を賃金支払の都度遅滞なく記入しなければならない」ことが定められています。
この機会に勤怠管理の方法を見直してみてはいかがでしょうか。